• 山根

なぜ自殺予防に取り組んでいるのか。

 先日、私の夢を書きました。夢はメンタルヘルスプログラムとゲートキーパー講座の普及です。どちらも自殺予防には必要だから何としても普及させたいのです。

 私は「なぜ自殺予防に取り組んでいるのか?」と聞かれる事があります。その理由をお話します。3年ほど前まで私は小売業で店長職をしていました。新店舗に異動になり、通勤にもなれず、馴染みのスタッフとも離れ、人間関係も一から築かないといけない。慣れるまではどの店舗に行っても大変です。環境が変わり、メンタルダウンしているなと感じていました。そんなある日、いつも通勤で使っている電車がストップしていました。すぐに情報収集すると私と同じくらいの年齢のサラリーマンが電車に飛び込み自殺したという事でした。足元にはお弁当と思われる袋があった様です。その時私は「亡くなったサラリーマンの方も自分と同じ様に仕事に悩んでいたかも知れない。自分と同じ様にお弁当は妻が作ってくれていたのかな。こどもは居たのかな。もし、自分が亡くなったサラリーマンの方の知り合いだったら何と声を掛けていただろう。」と様々な思いが頭の中を駆け巡りました。最終的に「こんな悲しい事は少しでも減らしたい」という思いにたどり着き、自殺予防に関心を持つ様になりました。

最新記事

すべて表示

気が付けば今日でゴールデンウイークが終わりです・・・。悲しい。 明日もダラダラしたい。次の土日を楽しみにして頑張ります!

ただいま、社会福祉士の資格取得に向けて頑張っています。今は「社会調査の基礎」という科目のレポートをしています。・・・よくわからない。でも、わかった気になりとりあえず完成させました。思い返せば今までそんな感じで乗りきってきました。きっと、世の中に自信満々のことなんかそんなに無いんだと思います。とりあえず行動したらなんとかなります。・・・たぶん。

以前書いた通り、4月から新しい職場で働いています。私は40歳ですが、高卒・大卒の方々と同期です。ほとんどお父さんの様な感じです。・・・錦鯉がM-1でやった合コンのネタみたいです(笑) 職場の先輩も年下が多いです。まぁそれでも何とか楽しくやっています。私は何度か転職をしていますが、30半ばくらいからなんとなく人付き合いの方法がわかったのか、あまり人付き合いで苦労をしていません。私なりの人付き合いのコ