• 山根

~自殺予防~ いらいらして当たり前

 私は電話相談員以外にも某市町村で児童関係の仕事にも就いていました。主に児童虐待対応です。児童虐待を疑われる情報があると、家庭訪問して父母に話を聞き虐待の事実があれば指導します。この様な話をするとよく「家庭訪問して父母が逆上した事はないの?危険な目に遭った事はないの?」と聞かれます。しかし、私は一度も父母に逆上されたことはないし、危険な目に遭ったこともありません。その理由について相手がどう感じていたかが全てなので、ハッキリした事はわかりませんが私が父母に話す時に必ず言っていた事は「罰を与えに来たのではないです。困ってる事に関して協力したい」という事です。また父母から「こどもにイライラしてしまい叩いた」という事を聞かされた時も、叩いた事への指導はしますがイライラしてしまう気持ちは否定せず聞いていました。これは心理的なテクニックでも何でもありません。私が本心から「子育てはイライラして当然」と思っているからです。こんな事を言うと「自分のこどもがかわいくないのか」という事を言う人もいますが、子がかわいい事と子育てで、イライラするのは別です。虐待は許される事ではありませんが、イライラする気持ちが起きて当然です。虐待はいけませんがイライラしてしまう自分を責めないでくださいね。叩いてしまいそう、暴言を吐きそう、そんな時は最寄りの児童相談所か189に電話してください。


最新記事

すべて表示

~自殺予防~ シンクロニシティ

シンクロニシティ(偶然の一致)は確かにあるなと思いました。仕事がら多くの方と話します。職場に限らず仲が良いばかりではないでしょう。私が関わる職場でもお互いが「あいつが悪い」と言い合っている事はよくあります。なぜこんなにいがみ合うのだろうと思いながら歩いていると、いつも通るお寺に「普通ってなに?」と書いてありました。少し考えましたが、改めて考えると普通ってなんでしょう。もしかすると、勝手に自分の中で

~自殺予防~ 変わらなものは変わらない。

キャリアコンサルタント試験が終わりましたが、合格してる気がしないので引き続き勉強をします。キャリアコンサルタント試験に合格していたら、精神保健福祉士や公認心理師の資格取得を目指そうと思います。ただ、これは数年のスパンで考えています。 さて、私は仕事上多くの話を聴きます。その中で対人関係でストレスを抱えている人は少なくありません。私が「相手にどうなってほしいんですか?」と聞くと「居なくなってほしい」

~自殺予防~ めちゃめちゃ更新していませんでした。

久しぶりの更新です。産業カウンセラー試験やキャリアコンサルタント試験がありバタバタしていました(言い訳です)。 なんとか産業カウンセラー試験は合格しました。キャリアコンサルタント試験は学科は合格したと思いますが、実技が微妙でした。落ちたらまた受けます。合否発表まで時間はありますが、勉強は続けていきます。 試験に追われていましたが、やはり自殺関連のニュースは気になっています。毎日のように、どこかで起