• 山根

~自殺予防~ マイナス思考

 よく「マイナス思考はいけない。プラス思考になろう」という言葉を聞きます。確かにプラス思考の方がよいのかも知れませんが、現実マイナス思考の人の方が多いのではないでしょうか。なぜ、マイナス思考の人の方が多いのか。それは「現在あなたが生きているからです」。意味がわからない説明だと思いますが、人間には生きる本能があります。まず生きる続ける事ができるかです。そのため、本能としては「今、生きてるんだから変に動いて失敗しなくてもいいやん」となるんです。それはあなたが辛く感じていてもなります。例えば転職をしたくても「もし、次に行った会社が嫌な人ばっかりだとどうしよう。それなら我慢して今の会社にいよう」となり、行動を変える事が難しくなります。その状態をずっと続けたらどうなるか。「どうせ私は何をやってもだめ」と感じ辛い思いで毎日を過ごす。やがて生きる意味や価値がわからなくなる。死を考える様になるんです。では、どうすれば良いか、「人間はマイナス思考になるものだ。だから私はマイナスに考えてしまうんだ」という事を理解する。もうひとつは意識的にポジティブな言葉を使う。ポジティブな言葉を使う事で思考が変わり、行動が変化します。

 今回の話は科学的根拠はないかもしれません。あくまで私の考えです。しかし私も10数年間飲食業、小売業をしていて毎日「早く辞めたい」と思っていました。ずっと、転職したいという思いがあり、ある時その思いがいっぱいになり、転職に踏み切れました。転職後は「もっと早く転職していれば」と思いました。転職に踏み切れなかった理由は「俺にはできない」と思っていたからです。しかし、「俺にはできない」という気持ちが現れた原因が環境を変える事が本能的にNOであり、マイナス思考になっていただけと考えると自分自身凄く納得できました。

最新記事

すべて表示

~自殺予防~ シンクロニシティ

シンクロニシティ(偶然の一致)は確かにあるなと思いました。仕事がら多くの方と話します。職場に限らず仲が良いばかりではないでしょう。私が関わる職場でもお互いが「あいつが悪い」と言い合っている事はよくあります。なぜこんなにいがみ合うのだろうと思いながら歩いていると、いつも通るお寺に「普通ってなに?」と書いてありました。少し考えましたが、改めて考えると普通ってなんでしょう。もしかすると、勝手に自分の中で

~自殺予防~ 変わらなものは変わらない。

キャリアコンサルタント試験が終わりましたが、合格してる気がしないので引き続き勉強をします。キャリアコンサルタント試験に合格していたら、精神保健福祉士や公認心理師の資格取得を目指そうと思います。ただ、これは数年のスパンで考えています。 さて、私は仕事上多くの話を聴きます。その中で対人関係でストレスを抱えている人は少なくありません。私が「相手にどうなってほしいんですか?」と聞くと「居なくなってほしい」

~自殺予防~ めちゃめちゃ更新していませんでした。

久しぶりの更新です。産業カウンセラー試験やキャリアコンサルタント試験がありバタバタしていました(言い訳です)。 なんとか産業カウンセラー試験は合格しました。キャリアコンサルタント試験は学科は合格したと思いますが、実技が微妙でした。落ちたらまた受けます。合否発表まで時間はありますが、勉強は続けていきます。 試験に追われていましたが、やはり自殺関連のニュースは気になっています。毎日のように、どこかで起