• 山根

~自殺予防~ 自殺者増加

 本日、警察庁と厚生労働省より「昨年の10月よりも今年の10月は4割自殺者が増えた」という内容の記事を見ました。コロナの影響で職を失った人も多く、自殺相談の窓口の一つである保健所はコロナ対応でパンク寸前。私が勤務していた電話相談も具体的な数は言えませんが、それほど多い回線ではありませんので、すぐには繋がりません。死にたい程困っている時、一体誰に相談すればいいのか・・・。残念ながら、絶対にここに言えばいいと言う場所はありません。

 自殺者の多くが何らかの精神疾患を持っていると言われています。精神疾患を早期発見、早期治療する事は自殺予防になります。だから私はjiメンタルヘルスプログラムを普及させたいのです。

 私が電話相談員をしていた時に「病院の先生は話し聴いてくれない。薬出すだけ」という事をよく聞きました。確かに心療内科や精神科でゆっくり話を聴いてくれる病院は少ないと思います。また、患者数も多く、患者の話を聴く時間がないという事情もあるでしょう。では、臨床心理士や公認心理士のカウンセリングを保険適応にしてはどうかと思う(確かまだなっていないと思います。なっていたらすいません)。精神疾患には薬物療法、対話療法どちら必要です。身近にカウンセリングを受けれる環境があれば良いなと思います。

最新記事

すべて表示

久しぶりに更新します。

気が付けば数か月放置していました。その間、私は産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格取得いたしました。まさか1回で合格すると思っていなかったのでうれしい限りです。「皆様も目標を持って、あきらめずに」と言いたいところですが、ずーっとコロナの話ばかりで耳にする言葉は「今日は何人感染」や「自粛」などばかりで、暗くなりますね。でも、大丈夫。いつか何とかなります。それまで我慢。

~自殺予防~ シンクロニシティ

シンクロニシティ(偶然の一致)は確かにあるなと思いました。仕事がら多くの方と話します。職場に限らず仲が良いばかりではないでしょう。私が関わる職場でもお互いが「あいつが悪い」と言い合っている事はよくあります。なぜこんなにいがみ合うのだろうと思いながら歩いていると、いつも通るお寺に「普通ってなに?」と書いてありました。少し考えましたが、改めて考えると普通ってなんでしょう。もしかすると、勝手に自分の中で

~自殺予防~ 変わらなものは変わらない。

キャリアコンサルタント試験が終わりましたが、合格してる気がしないので引き続き勉強をします。キャリアコンサルタント試験に合格していたら、精神保健福祉士や公認心理師の資格取得を目指そうと思います。ただ、これは数年のスパンで考えています。 さて、私は仕事上多くの話を聴きます。その中で対人関係でストレスを抱えている人は少なくありません。私が「相手にどうなってほしいんですか?」と聞くと「居なくなってほしい」