• 山根

怒り


先日、同僚がメンタルダウンしたので医師からの要望もあり、心療内科に付き添いに行きました。同僚はメンタルダウンしてからも懸命に職場復帰できる様に頑張っていました。しかし、医師は同僚に「この人は働く気が無い。ダラダラして傷病手当をもらおうと思っているだけ」と言いました。当然、私は「生活がかかっているのでお金に必死になるのは当然ではないか」と反論しました。はっきり言うと喧嘩になりました。それは、同僚が頑張って来たことを知っているし、私もカウンセラーの端くれとして、心理に関わる者として頑張っている人間を否定する事が許せなかったからです。当然、同僚は他の病院で診てもらうことになりましたが、仮にも人の心に関わる職に就いているものが、あの様な態度とは、怒りや残念さを感じます。よく勘違いされますが、「人の心を扱う者=人格者」ではありません。資格や肩書があってもなくても、人に寄り添える人は寄り添える、寄り添えない人は寄り添えないのです。その医師は単なる病院屋さんです。もちろん、仕事である以上儲けることも必要ですが。それにしても、「人を救いたい」という気持ちが微塵も感じられません。腹が立ち、口コミを見ると「音楽をやっていると言っただけで薬物をやっていると決めつけられた」、「あなたは相手にしないからもう来ないで」と言われたなど、さんざんな事を書いていました。心が疲れた人を追い詰める。医師としてではなく、人間としてクズです。もちろん、全ての医師があの医師みたいなクズではないと思います。だから、やはり心が疲れてしんどい時は医師に頼ってほしいです。合わないと思ったら他の病院に行けばいいんです。

 今日はさんざん愚痴ってしまいました。


最新記事

すべて表示

久しぶりに更新します。

気が付けば数か月放置していました。その間、私は産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格取得いたしました。まさか1回で合格すると思っていなかったのでうれしい限りです。「皆様も目標を持って、あきらめずに」と言いたいところですが、ずーっとコロナの話ばかりで耳にする言葉は「今日は何人感染」や「自粛」などばかりで、暗くなりますね。でも、大丈夫。いつか何とかなります。それまで我慢。

~自殺予防~ シンクロニシティ

シンクロニシティ(偶然の一致)は確かにあるなと思いました。仕事がら多くの方と話します。職場に限らず仲が良いばかりではないでしょう。私が関わる職場でもお互いが「あいつが悪い」と言い合っている事はよくあります。なぜこんなにいがみ合うのだろうと思いながら歩いていると、いつも通るお寺に「普通ってなに?」と書いてありました。少し考えましたが、改めて考えると普通ってなんでしょう。もしかすると、勝手に自分の中で

~自殺予防~ 変わらなものは変わらない。

キャリアコンサルタント試験が終わりましたが、合格してる気がしないので引き続き勉強をします。キャリアコンサルタント試験に合格していたら、精神保健福祉士や公認心理師の資格取得を目指そうと思います。ただ、これは数年のスパンで考えています。 さて、私は仕事上多くの話を聴きます。その中で対人関係でストレスを抱えている人は少なくありません。私が「相手にどうなってほしいんですか?」と聞くと「居なくなってほしい」