• 山根

jiメンタルヘルスプログラムについて

自殺と精神疾患は物凄く密接な関係があります。資料によって違いますが、自殺者の9割は何らかの精神疾患を持っていると言われています。精神疾患を早期に発見する事で、自殺は防げるのではないかと思います。しかし、医療的知識がないのに精神疾患を判断する事は難しいでしょう。例えば重度のうつ病であれば、医療的知識がなくても何か異変に気付くでしょう。しかし、軽度のうつ病であれば気付く事は困難です。しかも軽度のうつ病でも自殺する可能性は十分あります。

 現在50人以上の企業ではストレスチェックが義務化されていますが、残念ながらストレスチェックでは精神疾患を見抜く事はできません。そこで、私は題名にもありますようにjiメンタルヘルスプログラムをお勧めしております。Jiメンタルヘルスプログラムは簡単で高精度で精神疾患を見つける事ができるものです。使用方法はパソコンやタブレットで数十個の質問に答えるだけです。すでに複数の企業で導入されております。

 私は自殺予防の観点から早期に精神疾患を発見し対応する事が大切だと思いますが、企業では精神疾患を早期対応する事で従業員の離職を減らす事ができ、また従業員の能力発揮にも効果的だと思います。つまり企業も従業員もWIN-WANの関係になれるという事です。jiメンタルヘルスプログラムについて詳しく知りたい方は、是非ご質問ください。

最新記事

すべて表示

~自殺予防~ シンクロニシティ

シンクロニシティ(偶然の一致)は確かにあるなと思いました。仕事がら多くの方と話します。職場に限らず仲が良いばかりではないでしょう。私が関わる職場でもお互いが「あいつが悪い」と言い合っている事はよくあります。なぜこんなにいがみ合うのだろうと思いながら歩いていると、いつも通るお寺に「普通ってなに?」と書いてありました。少し考えましたが、改めて考えると普通ってなんでしょう。もしかすると、勝手に自分の中で

~自殺予防~ 変わらなものは変わらない。

キャリアコンサルタント試験が終わりましたが、合格してる気がしないので引き続き勉強をします。キャリアコンサルタント試験に合格していたら、精神保健福祉士や公認心理師の資格取得を目指そうと思います。ただ、これは数年のスパンで考えています。 さて、私は仕事上多くの話を聴きます。その中で対人関係でストレスを抱えている人は少なくありません。私が「相手にどうなってほしいんですか?」と聞くと「居なくなってほしい」

~自殺予防~ めちゃめちゃ更新していませんでした。

久しぶりの更新です。産業カウンセラー試験やキャリアコンサルタント試験がありバタバタしていました(言い訳です)。 なんとか産業カウンセラー試験は合格しました。キャリアコンサルタント試験は学科は合格したと思いますが、実技が微妙でした。落ちたらまた受けます。合否発表まで時間はありますが、勉強は続けていきます。 試験に追われていましたが、やはり自殺関連のニュースは気になっています。毎日のように、どこかで起